SAP IBP

SAP Integrated Business Planning ソリューションによって会社のサプライチェーン計画をより生産的、より効率的、より戦略的に、しかもより高速に実現することができます。 SAP HANAで強化されたSAP IBP によって現代のダイナミックで変化に富んだ世界で、クラウドベースのソリューションによって販売及びオペレーション計画や需要計画、調達計画や在庫管理、需要にフォーカスした補充など多くのサプライチェーンマネジメントプロセスをピアツーピアで素早く実現します。

SAP IBP Enterprise Planning

SAP IBPによって、市場の要求にリアルタイムのデータで対応し、高度のインフォメーション分析や高度の予測分析を利用して取引先との協力を強化し、計画プロセスを統合調整でき、自動化できます。
sap ibp 1
sap ibp 2

SAP IBP Sales and Operations Planning

SAP IBP によって、プランナーがルーチントラブルへの対応の代わりに戦略的で付加価値のある活動に集中できます。様々なオルタナティブをモデリングして計画を最適化できます。条件の変化に備えて 計画を急速に見直せるようにしてアジリティを維持できます。正確な要求予測によって納品スピードを改善できます。経営機能間の協力を強化して複数の要求源から到来するデータを統合させ、ファイナンス目標実現に向けてしっかり進むことができます。

SAP IBP Demand and Forecast Management

SAP IBP によって、短期・中期・長期の需要予測を戦略的に管理できます。統計的モデリングで一貫した予測ができるようになり、高度なマシンラーニングアルゴリズムで需要を実現前から察知して市場の変化に急速に対応できます。販売、マーケティング、サプライチェーンのように会社組織を構成する部署間の協力やコミュニケーションを確保し、計画を分割し、変化を先取りすることができます。
sap ibp 3
sap ibp 4

SAP IBP Response and Supply Management

SAP IBP レスポンスアンドサプライマネジメントモジュールによって資源を効果的に管理できます。 優先順位付け済みの要求やアロケーションや制限に応じて計画やサプライチェーンを最適化できます。SAP IBPによって、戦術的オペレーションレベルでサプライ計画をサポートして、レスポンスアンドサプライマネジメントにおいて現実または仮設上のWhat-if分析によって様々なシナリオを予想できるようになります。需要と供給の変化に 急速に対応するためにゲーティングファクター分析を利用できます。高度なアルゴリズムによって生産能力や在庫、購買や運送及びコストを最適化し、販売注文や配送計画を開発するモデルを自社の制限に基いて更新することができます。

SAP IBP Demand Driven Replenishment

SAP IBPによって、補充計画を仮説や予測の代わりに現実の需要データに基づいて行うことができます。供給と需要の多様性のサプライチェーンへの影響を、安全在庫を計算しながら、また戦略的振り分けポイントに割り当てながら、改善できます。リアルデータをベースにして供給を需要に応じて優先順位付けができます。振り分けポイントに関する事項を納品時間や在庫量や平均在庫コストのシミュレーションを行って決定できます。補充プロセスを効果的且つ戦略的なものに改善できます。
sap ibp 5
sap ibp 6

SAP IBP Inventory Planning

SAP IBPによって、全企業ネットワークを同時にインテグレートさせ、理想的在庫レベルを達成して収益性を向上させることができます。原料や補充コンポーネント や補充済製品在庫を最適化してコストを下げ、予想されていない要求に対して安全在庫で対策できます。多段階最適化によって社内コーディネーションによる計画ができ、販売を滞らせることなく在庫オーバーを防ぐことができます。SAP IBPによって、在庫管理において倉庫能力や制限、要求予測不一致や季節性と予測のずれを考慮して理想的在庫レベルを達成できます。

SAP IBP Smart Control Tower

SAP IBPは、 SAP Smart Control と統合してサプライチェーンをピアツーピアで会社から見えるようにします。 SAP スマートコントローがルタワーにっよってサプライチェーン効率を描画し、測定し、自称に対応して向上させることができます。アラームを設定して測定値によってリアルタイムでプロジェクションを構成できます。サプライチェーンパフォーマンスに関して瞬時のデータを得て、未来を展望するプロジェクションができます。KPIを管理する際に、原因分析を実施して高度技術でサプライチェーンをデジタル化できます。